浮気の慰謝料

Q 夫が浮気していることが分かりました。慰謝料請求できますか?

A 浮気,つまり配偶者以外との性行為を立証できれば請求できます。具体的には,明らかに性行為に及んでいることが分かるメールやラインのやりとり,探偵による報告書です。なお,裁判で相手が浮気を認めれば立証は不要になります。

 逆に,「なんとなく怪しい」「一緒に食事に行って,深夜に帰宅した」という程度で,相手が浮気を否認している場合は,裁判となれば難しいです。自分で尾行するか,探偵さんに依頼しましょう。

 なお,配偶者だけでなく,浮気相手にも慰謝料請求ができますが,2重取りできるわけではありません(連帯責任になるだけ)。また,別居後の「浮気」は,慰謝料請求できない可能性がありますので注意を要します。

 

【慰謝料額】

 裁判となれば,慰謝料150~200万円くらいがおおざっぱな相場です。性行為の回数や不貞の期間,婚姻期間などによって金額が変動します。

 発覚後も不貞を継続している場合や不貞相手の子を妊娠した場合,不貞相手から嫌がらせがあった場合は300万円を超えることがあります。逆に,離婚しない場合は100万円前後になることが多いです。探偵への調査費用の一部を請求できる場合もあります。

 

【管轄】

自分がいわきに住んでいれば,相手の居住地にかかわらず,いわきの裁判所で提訴できます。

 

【ポイント】

まずは浮気の証拠確保!!メールやライン,配偶者に迫って念書を書かせるのも(暴行脅迫しない限り)OKです。浮気(性行為)の具体的日時や場所が判明するとなお良しです。

「同窓会」などで1日家を空けるなど,浮気相手を家に連れ込む隙をわざとつくってワナにかけるのもアリです。

 請求する側は,うつっぽくなったら心療内科に通院しておきましょう。慰謝料増額事由に使えます。

 

【弁護士費用についてのコメント】

離婚請求ではなく,単に浮気の慰謝料請求のみであれば,着手金,報酬金ともに20~30万円程度が相場と思われます。

なお,弁護士費用として請求を1割加算できます(150万円の慰謝料を裁判所が認めた場合,弁護士費用として15万円を加算してくれます)。

 

【税務】

慰謝料は非課税が原則です。

 

 

お問い合わせ電話番号

0246-68-7204

 

(平日10~17時)

下記メールフォームからもどうぞ。

お問い合わせ用メールフォーム

メモ: * は入力必須項目です