トルネコに学ぶ法律相談の要諦

「トルネコの大冒険 不思議なダンジョン」

というスーパーファミコンソフトがありました。

ドラゴンクエストという人気ゲームソフトの脇役,商人トルネコが,洞窟に入って宝探しをするゲームです。
洞窟は,入る度に形が変わりますので,攻略手順も毎回変わります。
プレーヤーのレベルも,入る度に最低レベル1に戻り。
前の冒険で集めた武器や防具も毎回,完全になくなり,持ち金も0。
つまり,毎回,「手ぶらで最弱の状態」から冒険がリスタートします。


そういった点が斬新で。
かなり人気となり,続編も次々と発売されています。


このゲームは,ターン毎に自動でセーブ(記録)がされるため。


「あ,トルネコが死んじゃった!リセットして,以前セーブしたところからリスタートしよ!」


ということができません。
トルネコが死んだ瞬間にリセットしても。
その瞬間が自動セーブされているため。
死んだ直後の,レベル1 手ぶらの状態から再開となります。

そういうシステムなので。
「ミスっても,後には戻れない」

という緊張感がある,素晴らしいゲームでした。
通常のゲームですと,以前にセーブしたところからリスタートできるため。
「ミスったら,ゼロからやりなおし・・・」
(ρ_;)

というほどの緊張感は醸し出すことはできません。



んで。




私は,法律相談の終わりに,よく,こういいます。


・やりとりは電話でなく,メールやラインに誘導して,記録が残るようにして下さい。
・今までに来たメールやラインは,全て消えないように保護してください。
・電話は,できれば録音機を買うか,携帯の録音機能があれば使うこと
・いつ誰にかけたかは,通信会社に連絡すれば,そこからの記録はとれるようになることが多い。そのサービスを申し込むこと。
・今までの通話履歴は,携帯にそれを表示させて,写真を撮影し,保全しておくこと。
・金銭のやりとりについては,できるだけ銀行振込。現金に領収書だと,「税金対策で架空の領収書をきった」みたいな反論がありえる
・怪我をさせられたら,怪我の写真をとって,医者に行って診断書をもらうこと


などなど。
裁判は,とにかく,客観的証拠がイノチです。
証言も一応,証拠になります。
しかし,今イチ裁判官受けが悪い印象です(人間は嘘をつくので)。



ということで。
「トルネコのゲームソフト並に,逐一,記録して下さい」という話でした。
スーパーファミコン世代にしか通じない話で済みません。
(◎´∀`)ノ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いわき:みぎは法律事務所 弁護士 戸川 瑛

 

法律相談の予約をしたいので,弁護士戸川瑛のホームページへ行く

お問い合わせ電話番号

0246-68-7204

 

(平日10~17時)

下記メールフォームからもどうぞ。

お問い合わせ用メールフォーム

メモ: * は入力必須項目です